無料コンサル始めました

【いい人必見】結婚したくなるモテる男の性格とは?その土台には必ず「性格的な男の強さ」が必要だった?!

【いい人必見】結婚したくなるモテる男の性格とは?その土台には必ず「性格的な男の強さ」が必要だった?!

女性「〇〇さんっていい人だよね!良いパパになってそう!」

同僚の女にこのようなセリフを言われた経験はありませんか?

これを言われるたびに、

男性(じゃあ、なんで僕よりもあの人なんだ…)

と悩みますよね。

そんな「会社ではいい奴、でも恋愛ではいい人」のあなたに申し上げます。

 

「いい人」である性格を最初から女に見せてはいけません。

 

なぜ、最初から見せてはいけないのか?

今回は、結婚を真剣に考えている「いい人」たちに是非知っていただきたいモテる男の性格について取り上げていきたいと思います。

 

尚、この記事では「女性」ではなく、「女」という表現に変えさせていただきますのでご容赦ください。

これも、心理的にモテるようになるための効果をもたらします。理由は後半で説明します。

女が心理的に求める「モテる男の性格」とは

まずは、モテる男の性格とはどんなものか見てみましょう。

同僚の結婚式で、

モテなさそうな同僚とそれに全く見合わない美人の新婦が二人幸せそうな笑顔だった

という現場に居合わせた経験があるのではないでしょうか?

一体どうして?とみなさんが驚くのもわかります。

 

ですが、それにはきちんと理由があります。

なぜなら、そういったモテる男性は、

 

女が心理的に求めているものをきちんと理解し、そのような性格を築き上げている

 

からです。

ここで、リチャード・ドーキンス博士のベストセラー

利己的な遺伝子

という著作があります。その中に「生物は、遺伝子の乗り物である」という名言があります。

 

女の体は小柄で、筋力も少なく、人間も動物の一種であることから男性に守られる必要があり、より生き残る可能性の高い遺伝子を後世に残そうとします。

結果的に、無意識下でより優秀な遺伝子を欲します。

女と付き合っている関係であれば、一緒にいて楽しいだけでも十分です。

 

ただ付き合っているだけであればですよ?

 

将来、女との結婚を本気で考えているのであれば、この遺伝子レベルで考えることがとても重要なのです。

つまり、あなたが結婚を前提とした彼女がほしいのであれば、

 

より優秀な遺伝子があることを女性に示さないといけません。

 

では、女性が男性の遺伝子を心理的に優秀か非優秀かを判断するのは一体どこでなのでしょう。

それは、

 

男としての強さがあるか

 

で判断します。

「私鍛えてないから無理です…」とか思わないでくださいね。

 

ここで取り上げる「男としての強さ」とは筋肉があるとか、ケンカが強いとかなどの肉体的な強さではなく、性格的な強さのことです。

 

補足をしておきますが、肉体的な強さにほれる女も当然います。

そこを目指したい人であれば、明日から格闘技の育成コースにでも行ってください。

 

私が取り上げたいのは、あくまでもこの性格的な男の強さのことです。

モテる男性は性格的な強さがある

男性がモテるためには性格的な男の強さが

では、その「性格的な男の強さ」とはどこで現れるのかというと、

①見た目(表情)

②コミュニケーション(会話・行動)

の2つです。

①【見た目(表情)】

見た目とは表情のことです。

 

例えば同僚の女と会話をしているときに、

女性「その書類って今日Faxするんでしたっけ?明日じゃないですか?」

と、あなたに正論を言ってきたとしましょう。

あなたはここで、

あなた「あ、そうだっけ?(ニコ)たまにうっかりしてしまうんですよね(笑)」

と余裕をもって言えるでしょうか。

 

このような場面での男性の焦りの表情を女は逃しません

 

なぜなら、そこで男性の性格的な強さを心理的に判断するからです。

だからといって普段から笑顔を振る舞い過ぎて、常にニタニタしている人もNGです。

性格の弱さを完全に出してしまっていますし、なによりも素性が見えない人になってしまいます。

「ニタニタ」はいい人にありがちなモテない表情の一つです。

婚活でいい人がモテない6つの特徴!モテるまでにあと一歩が足りないその原因とは?

心当たりがある方は、笑顔と真面目な表情とのメリハリをきちんとつけましょう。

外見だけでも、性格的な男の弱さを見抜かれてしまいます。

②【コミュニケーション(会話・行動)】

いい人にありがちなのですが、モテない人は女と会話をしているときに遠慮しがちで謙虚な性格の男性が大変多いです。

謙虚になることは悪いことではないのですが、

 

常に下手、下手に回って女に気を遣ってはいないでしょうか?

 

男性(この人は可愛いから、他の男性よりも人一倍気を遣って気に入られよう!…)

と考え、気遣いができる性格ばかりをアピールすると女からは、

女性(この人私に媚び売っているのかな?…)

と感じさせてしまいます。

うまくいったとしても、最終的には、

 

「いい人」で終わりです。

 

相手に気を遣うのではなく、純粋に今をともに楽しむことが大切です。

女が男に求めていた本当の性格とは

女性に気を遣ってばかりではダメなんだということはわかった。

でも気遣うことしかできない性格の「いい人」はどうすればいいのかわかりませんよね?

方法はひとつです。

 

その気遣いを「やさしさ」に変えてしまえばいいのです。

 

そもそも気遣ってばかりいる性格の男性を女は優しいと感じてはくれません。

例えば、女が男性に「やさしさ」を感じるときは次のどちらの場合でしょうか?

1 毎日優しくしてくれているA君が、今日もいつも通り私に優しくしてくれた

2 毎日ずうずうしく接してくるA君が、突然私に優しくしてくれた

一般的には2番です。

女の中にも1割程度は1番のような性格の男性を欲する変わった女もいますが、9割の女は2番です。

なぜかというと、ここに女の求めているものがあるからです。それは、

 

非日常という名の刺激

 

です。

あなたが通っていた中学校、高校に一人はこの2番に当てはまるような性格の男性、いわゆる「ヤンキー」と呼ばれるような男性がいたのではないでしょうか。

 

態度だけは偉そうに…かといって勉強ができるわけでもなく、横暴な性格なのに、

男性(どうしてあいつがクラスのマドンナと付き合うんだ…)

と不思議に感じたことでしょう。

 

ですが、そのヤンキーと言われる男性のこの性格がまさしく、女に非日常を与えていたのですね。

女は毎日の平和な日常に対して、

 

女(男性とのやりとりだけは非日常であってほしい、ロマンチックなものであってほしい…)

 

と心の底から願っているのです。

だからといって私は、

 

「いい人」の性格を否定しているわけではありません。

 

実際に私も過去には同じ「いい人」でした。(今でもいい人ですからね笑)

むしろ、

 

いい人」である性格は、モテるための絶対条件です。

 

なぜなら、「いい人」である性格こそ、女を落とす最終兵器になるからです。

モテる男は「いい人」である性格を出す順番をわかっている

いい人はモテない、でもいい人の性格は最終兵器になる…

意味がわからないですよね?

 

ここからが重要です。

 

私が言いたいのは、

 

「いい人」である性格を最初から女に見せてはいけない

 

ということです。

最初は性格的な男の強さを見せながらも気遣いをしようとは思わず、

 

今をともに楽しむことを心がけましょう。

 

実は「女性」の表現を「女」に変えたのもこれが理由です。

 

あなたが女性に対して本当に「女性」と意識してしまうのと、女性を「女」と意識するのとでは、心理的な気遣いの度合いがまったく違います。

 

あなたが同性と打ち解ける感覚と同じように女性と接していきましょう。

また、共通の趣味などがあればすぐに女性と打ち解けられる可能性は高いです。

女性との共通の趣味を見つけることができる会話はこちら↓

会話が続かない男必見!【連想ゲーム式】で会話は永遠に続く

そしてある程度コミュニケーションがとれてきたとき、

 

あなたの「いい人」である性格を最大限に発揮するのです。

 

ちなみに私がよく使う手法は、

 

最初に「気を遣わない今を楽しむ男」を女に見せます。

 

そして後半、女性と親しくなってきた頃に「いい人」である性格を存分に出すことで、

性格的な強さ+気が利かない⇒実は真面目な性格

というギャップを与えることができます。

女に強烈な性格のギャップを引き起こせる「モテる魔法」なのです。

最後に

つまり、

 

モテる男の性格というのは、「多重人格」であるということ。

 

自分の性格の中に「男の強さをもった性格」と、「いい人であるという性格」の二つを持たせてあげましょう。

そして、それらの性格を出す順番は、

「男の強さ」 ⇒ 「いい人」

です。

この順番を間違えなければ、女性は遺伝子レベルであなたと結婚したくなりますよ。

たった3か月で結婚を前提とした彼女を見つけませんか?

CTA-IMAGE

・結婚相談所に行ってもお金のムダだった
・気づけば「彼女いない歴」=「年齢」
・そもそも出会いがない
・失敗続きで恋愛コンプレックスになってしまった

昨日と同じことをしていても、何も変わりません。何も変わらないということは彼女だってできるはずがありません。

今あなたが行動を起こそうというのであれば、私はその手助けをすることができます。まずはその勇気ある一歩を踏み出してください。