無料コンサル始めました

プロフィール

はじめまして、恋愛コンサルタントのkojiです。

実は副業として高校の教員もやっています。

「…って、なんでそんな人が恋愛のコンサルやってんの?!」

と思われてしまうので、簡単に自己紹介したいと思います(笑)

 

私は、「Story Love(物語のような恋愛)」をコンセプトに、

・恋愛経験がほとんどなかった方

・出会いはあるのになんか上手くいかないと悩む方

他サイトの恋愛ノウハウを見てやってるのにうまくいかないと迷走している方

などに、

 

ストーリー性(継ぎ目)のある恋愛ノウハウの教授をするための

 

恋愛コンサルタントをしています。

 

(恋愛コンサルタントって怪しくない…?)

 

と思うかもしれません。

確かに、ただ恋愛を上手に運ぶテクニックだけをこちらで講義のようにだらだらと教えているだけでは、それを本人が実際に実行できるかどうか…。

つまり、最終的には本人に全て委ねられてしまうことになり、結局失敗に終わってしまいます。

 

ですが、私の場合はただそういったことを教えるだけでは終わりません。

  • 恋愛に悩みを抱えている人が実際にどうしたいのか
  • 何が本当の悩みなのか?

ナイーブな話だからこそ身近な人には聞いてほしくないこともあるでしょう。

そういったことも気軽に話し合える場がここにはあります。

お客様と接する機会を様々に設け、パートナーとして親身に向き合うことで最終的にはその人にとって、

 

本当に必要であった恋愛のテクニックをお教えします

 

 コンセプトの理由 

私のコンセプトが「Story Love(物語のような恋愛)」であるのには理由があります。

今あなたが恋愛のコツを知りたいと思えば、ネットから情報を収集することが多いのが今の世の中です。

恋愛ノウハウを載せている記事はどれも、

(なるほどな~!ためになるなぁ)

と喉をうならせるほどの情報がたくさん詰まっています。

どれも間違っていることを言っているわけではありませんからね。

しかし、ここで質問です。

 

今まで見た恋愛ノウハウでうまくいった経験ありますか?

 

現代の日本では、恋愛に関する単的な情報だけを拾って、それだけを使おうとする「ノウハウ病」になってしまっている男性が多いです。

 

ノウハウ病は恋愛に限った話ではありません。

例えば野球なら、バットの振り方をいくら覚えても、実際にボールを打つことができるわけではありません。

 

「ボール」と「バット」の間に「タイミング」という継ぎ目が存在するからです。

 

他にも、名作「スラムダンク」で例えると、主人公の桜木花道は入部したての頃はすでにダンクができるほどのジャンプ力がありましたよね?

でも、序盤の公式戦では全く使うことができませんでした

そこに安西先生や愛しの晴子ちゃん、ライバルである流川などの教授の元、レイアップシュート(庶民シュート)を始め、ドリブルやパス、そして後に大活躍することとなるリバウンドなどの基礎練習をこなしていく日々が続いたわけですね。

 

そして、15巻第129話 

三回目の海南戦にて、基礎をマスターした花道は牧をぶっ飛ばし、ついに公式戦初のダンクが決まりました!

見事なダンクでした…試合の流れ的にも完璧です。 

このシーンを思い出す度に目頭が熱くなりますね。

つまり、花道にとって「ダンク」と実際の「試合」との間には、

 

ドリブルやパスなどの地道な「基礎」が重要な継ぎ目

 

になっていたんですね。

このような継ぎ目のポイントを、

 

Joint Point:ジョイントポイント(=継ぎ目部分)

 

と呼んでいます。

恋愛においてこのジョイントポイントは必須条件です!

 

例えば、「合コンの話題」についてあなたがネットで情報を収集したとしましょう。

「旅行」の話がいいとか他にも、「買い物」、「映画」、「ペット」などたくさんのノウハウがあります。

話題に関する情報を収集したあなたは、実際にその話題をどのタイミングで切り出しますか?

 

合コン中、いきなり、

「そういえば旅行とか行くんですか~?」

って聞いてたりしてません?

 

もっと具体的な話をしましょう。

さきほどの合コンについて成功する流れを見てみると、

着席 ⇒ 乾杯 ⇒ 話題 ⇒ 深い話(口説き) ⇒ 二次会 ⇒ 解散後のメール ⇒ 後日デート 

このような流れになっています。

「話題」や「二次会」などのそれぞれの項目のことを、

 

Majority Point:マジョリティポイント(=主要部分)

 

と呼んでいます。

恋愛ノウハウで掲載されているものは、すべてこのマジョリティポイントに相当します。

しかし、Majority Point だけを覚えたあなたは合コンで、

突然、「旅行とかいくんですか?」

沈黙の中、「〇〇さんって可愛いですね」

食べている最中に、「この後、二次会いきませんか?」

メールでいきなり、「来週デート行きませんか?」

と言っていませんか?

 

女性にとって、このような関係性のない唐突な言葉は恐怖すら覚えてきます。

 

このような会話しかできない人がいわゆる「ノウハウ病」です。

このノウハウ病を直す方法こそが、

 

「ストーリー性(継ぎ目)のある恋愛ノウハウの教授」なのです。

 

つまり、Majority Point を使うための「継ぎ目」がとても重要ということです。

「旅行」の話題を出したければ、その継ぎ目となる会話が必要ということです。

最近旅行で〇〇行ったんだけどさ~、すごく楽しかったわ~。A子さんは旅行とか行く?」

そのキーホルダーかわいいですね!もしかして旅行で買ったものですか?」

このように、Joint Point(継ぎ目)をきちんと理解していないと、合コンの流れを作ることはできません。

 

他にも、「褒める」というノウハウにも「会話」との間に「タイミング」という継ぎ目が存在します。

いくら褒め方を知っていても、褒めるタイミングを間違えれば意味がない、むしろマイナスな印象になってしまうということです。

 

その「タイミング」についてはこちらで紹介してます。

モテる男性が心得ているのは「落とす方法」ではない、「落としどころ」である!

このように恋愛のノウハウの間には、あらゆる場所に「継ぎ目」が存在していることをご理解いただけたでしょうか。

ちなみに、彼女ができたことのない方も含めた今までの私が担当してきたクライアント生さんも、この継ぎ目をマスターしたからこそ、

 

3か月で恋人を作ることができたわけです。

 

(え、3か月で恋人を作る自信なんてないよ…)

というみなさんに伝えたいことがあります。

元々モテた人などいない 

私の友人の中でとびきりモテる人たちが全員口を揃えて言うのが、「以前はモテなかった」でした。

これには私もある意味、勇気をいただきました。

今はチャラそうで、浮気しがちな知り合いもいますが、実はそんな人たちでも女性からキモイと言われ、幾度となく辛い思いをし、ただひたすら、

「モテたい!」

という意思で試行錯誤を繰り返し、ついに女性の求めているものを掴むことができました。

「努力の上にモテるという名の花が咲いた」んですね。

 

そんな人たちがさらに共通していたのは、みなこっそりとモテる先輩たちや友人の行動をよく観察していたそうです。

つまりモテる人たちも勉強と一緒で、良い大学に入る(モテる)ための受験勉強(モテる人の観察)を必死に、そして真面目にやってきたということですね。

恋愛は勉強と似ている部分がたくさんあるということです。

 

つまり今、

モテなくて自信のない人でも(偏差値が低い人でも)、今後一度でもモテる男性になってしまえば(しっかり勉強をすれば)、今後永遠にモテ続ける(良い大学に合格する)ということです

 

そんな人生をあなたは想像したことがありますでしょうか?

私は「そんな風になりたい!」、「モテるようになりたい!」という方々に、

ただの恋愛ノウハウだけではない、

 

一貫性のあるノウハウを教える

 

自信があります。

 優しいだけの男はツマラナイ

もうひとつの理由は僕自身の経験からきています。

当然ながら、私もモテませんでした。

もう少し具体的に言うと、自分の気になる女性から全くモテませんでした

 

社交的な性格ではあったので出会いは多かった方なのですが、

自分(気になる女性からは全く振り向いてくれない…)

でもってなぜか、自分の全く興味のない女性からは告白をされ、

自分(そんなこと言われても…)

ということが多くありました。

 

実は、ここに恋愛における大きなポイントがあります。

 

興味のない女性に対して私は常に堂々とそして、紳士に、ときには相手をいじるような態度をとっていましたが、

そこに女性は魅力を感じてくれたのです

 

しかし、お目当ての女性になると、他の男に負けないようひたすら優しく、そして相手に嫌われないよう当たり障りのないことだけをしていく。

その後、嫌われることをしたはずもないのになぜか相手からlineの返信が返ってこないという結末に…。

 

つまり、優しいだけの男はツマラナイのです。ここに、

 

女性が求めているものに大きな違いがありました

 

私自身の今までの様々な成功例と失敗例の中から、ついに女性が求めているものを掴み取ることができました。

その結果、私もお目当ての女性とお付き合いをすることができるようになったのです。

 

その後も何かと言っては女性と交流を持つと、向こうからデートのお誘いが来ます。(当然断っていますが、、w)

 

私自身が女性から求められる人間になれたことで、私の人生は大きく前向きに、そして毎日を楽しく過ごせています。

最後に

(おれってモテないかも?)

(恋愛ノウハウは結構知ってるんだけどなぁ)

と思っている人が自力で恋愛を上達させるとなると、

 

女性と交流をするための機会の数とそれらを準備するための人脈、そしてなによりも莫大な時間がかかってしまいます。

 

実際に私はモテるようになるまでに5年ほどかかりました(汗)。

しかも、その努力する方向が違えば、たとえどんなに頑張っても一生モテない結果に…

 

今、「おれやばいかも?」と思った方や「5年も待てないよ!」という方、

また「結婚はしたいけど、理想の子と付き合えないんだよな…」と思っている方など、私はそんな方たちに、

 

たった3か月で

 

理想の彼女を作る恋愛コンサルタントをしております。

「ちょっと話してみようかな」、「結婚できるか心配になってきた…」、「上手くいかない本当の原因を知りたい!」と思った方は、こちらの無料個別コンサルからどうぞ。