無料コンサル始めました

本当に気づいていないの?!モテない男性にありがちな7の行動パターンとは

本当に気づいていないの?!モテない男性にありがちな7の行動パターンとは

(なぜか相手女性からメールがこなくなった…)

 

こんな経験ありませんか?

 

自分の行動が、女性からドン引きされてしまっていることに気づいていない男性が多くいます。

私の30代~40代のクライアント生のほとんどの方も、この女性からメールがこなくなった経験をお持ちです。

そういった方たちは、メールがこなくなってしまった行動とその原因に気づいていません。

また、

 

そのことに気づく機会もありません。

 

メールがこなくなってしまったこと以外にも、

・いつもニコニコしている

・人と話すとき、どんな話でも論破しようとする

・人前では口下手だけど、メールではよく話す

・自分の失敗談は絶対話さない

・下ネタを話すとついニヤけてしまう

1円単位で割り勘をしてしまったことがある

・自分のマニアックな趣味の話になるとものすごい勢いで話す

これらの行動に心当たりはありませんか?

残念ながら、1つでも当てはまってしまったあなたは、

 

「モテない男性」としてのレッテルを貼られてしまいます。

 

また、そのようなモテない行動をとる男性に共通するのは、

 

男性と女性の心理の違いをわかっていない

 

ということです。

 

男性と女性の心理の違いとは?

そして、モテない男性がとる行動とは?

 

ここでは男性と女性の心理の違いを踏まえたうえで、モテない男性にありがちな行動をご紹介したいと思います。

男と女の心理の違い。モテない男性は、モテない行動をとっているだけではなかった?!

モテたい!のにモテない…

(好きである気持ちは誰にも負けてないのに!…)

といった男性は、ことごとく女性に対する行動が裏目に出てしまいます。

なぜならそれは、

 

女性と男性の心理に大きな違いがあるからです。

 

簡潔に言うと、

女性は行動を察し、男性は行動を察しない

ところからすべては始まります。

女性はあなたのモテない行動をしっかりと見ています。

そんなあなたを女性は、男性として見ることはできません。

そして男性であるあなたは、そのことを察することができません。

 

男性は行動を察しない、そして女性は説明をしない

男性は自分のモテない行動を察することができません。

そして、女性は異性として見ることができなくなった男性に、

 

そのことをわざわざ説明しません。

 

説明されない男性は嫌われていることすらも察することができないため、執拗な行動をとり始めます。

 

男性は結果を重視し、女性は過程を重視する

男性は、

(付き合いたい!キスがしたい!)

と異性との結果を重視します。

そのために男性は一刻も早く、女性との関係を求めるあまり、

「とりあえず、遊びに行きませんか?」

「実は〇〇さんのこと気になってるんですよ」

と執拗な行動をとり始めます。

それとは違って女性は、男性との過程を重視します。

(気づけば、この人とたくさんの時間を共有している…)

(二人でいる時間がなんとなく居心地がいい…)

ロマンチックな過程に女性は心を開き始めます。

 

つまり、男女の心理の違いによって、

女性は男性のモテない行動を察する

男性は自分のモテない行動を察しない

女性は男性に異性として見れないことをわざわざ説明しない

異性として見れていないことをモテない男性は説明されないからわからない

説明されない男性は結果を求めるため、とにかく女性にアタック

過程を重視する女性は、仕方なしにそのしつこい男性との連絡を絶つ

このようにわけがわからぬまま、女性から連絡がこなくなってしまいます。

つまり、この男女の心理の違いによって、

 

恋愛における負のスパイラルに突入してしまうのです。

 

負のスパイラルに入り込んでしまうから、

 

モテない男性はいつまでたってもモテないのです。

 

男女の心理が変わらない以上は、今後モテない男性がいなくなることはありません。

このことを頭に入れながら、モテない行動をひとつひとつ確認していきましょう。

モテない男性にありがちな7の行動パターンとは?

①いい人すぎる行動

いい人すぎる行動は以下のことです。

いつもニコニコしている

相手や周囲に合わせるのが得意

とても親切でやさしい

相手を怒らせるようなことを言わない

自分の意見をほとんど言わない

絶対に怒らない

このような行動に心当たりはありませんか?

(いい人の何が悪いの?)

と感じる男性もいると思います。

しかし、どんな年代でも残念ながら、

 

いい人はモテません。

 

なぜなら、女性はそんな男性に対して、

どうしていつもニコニコしているのだろう?

どうして相手や周囲に合わせるのが得意なのだろう?

どうしてとても親切でやさしいのだろう?

どうして相手を怒らせるようなことを言わないのだろう?

どうして自分の意見をほとんど言わないのだろう?

どうして絶対に怒らないのだろう?

と考えてしまいます。

あなたが女性になったとして、どのように感じるか想像してみてください。

 

全く本心が見えなくて恐怖すら感じませんか?

 

いい人は、自分でいい人格だと思っているだけであって、大半のいい人は実際にこんな事態になっているとは気づいていません。

他にもいい人すぎてモテない行動は、

①誰にでも優しい

②お世辞がうまい

③相手の様子に過剰に反応する(⇒押しが弱い)

④恋愛相談を真剣に受ける

⑤何でも受け入れる

⑥いい人過ぎて本心が見えない

以上です。

いい人すぎる行動は控えましょう。

 

なお、このような男性の行動も、

 

ほんの少しだけ工夫すればモテるようになることもできます。

 

いい人はモテる要素を秘めています。

いつでも変われるチャンスがあるんですよ。

気になる方はこちらをチェック↓

いい人がモテない6つの特徴!モテるまでにあと一歩が足りないその原因とは?

②真面目すぎてツマラナイ

女性は常に真面目で誠実な行動をとる男性を好みます。

だからといって、

・どんな話でも、筋の通った真面目な話をして相手を論破して終わる

・事実を誠実に伝えているだけで、どの話にもオチがない

このようなことをやっていませんか?

女性が好む真面目とは単に真面目ではなく、

 

普段とのギャップとして見えてくる真面目さ

 

のことです。

 

ですから、真面目すぎる行動は、

 

女性にとっては刺激がなく、物足りなさを感じてしまいます。

 

また、真面目すぎる行動をとる男性は特に

 

会話でモテないことが多いです。

 

そんな真面目な男性におすすめする会話法があります。

それは、

①真面目な会話を続けつつ、その会話を時々崩す

距離感を縮める会話をする

の2つです。

真面目さとのギャップを出すための方法です。

 

【①女性との会話を崩す方法】はこちら↓

会話が続かない男必見!【連想ゲーム式】で会話は永遠に続く

【②距離感を縮める会話法】はこちら↓

女性との会話が苦手で、、言葉の距離感次第で会話は克服できる!

③メールが気持ち悪い

私の「30~40代男性のための結婚を前提とした恋愛コンサル」をしているクライアント生のひとりに、話すのが苦手な30代の男性の方がいらしたことがあります。

その方は、人前ではほとんど話さないタイプの方だったのですが、LINEやメールになると、

 

ものすごい勢いで自分のことを話し出す

 

という行動をとっていました。

スマホ画面からはみ出るほどのメッセージを毎回送ってしまっていたのです。

普段、人前で話すことが苦手だからなのでしょうか?

メールになると、

・自慢話

・「私が若い頃は…」

・マニアックな趣味の話をひたすら語る

このように自分のことばかりを話すような行動が見られます。

100歩譲って、人前でもメール同様よく話す方であればいいと思います。(100歩譲ってですよ?)

しかし、メールで一番女性から嫌われてしまう行動とは、

 

人前では口下手だけど、メールではよく話す

 

タイプです。これは、

 

女性から最も嫌われる気持ち悪いタイプ

 

のようです。

モニタリングのため、様々な恋愛好きの女性とお話しをする機会がありますが、この

「メールになるとすごい男」

に対しての批判をよく聞くことがあります。

 

だからといって、

「あなたのメールしつこいんだけど…」

と、

 

わざわざモテない理由を説明する女性はいません

 

から、そのことに気づかない男性が大勢いらっしゃいます。

最初に取り上げた女性の心理の特徴である、

 

女性は説明をしない

 

が、まさにこれです。

とにかく、

「私のとりえはメールだ!!」

と考えている男性は要注意ということです。

メールでのいきすぎな行動は控えましょう。

 

なお、モテるメール術をマッチングアプリを通したパターンでご紹介しています。

普段のメールでも参考になりますよ↓

マッチングアプリ必勝法(結婚目的)デートに誘うのはまだ早い!二通目以降のメッセージのやりとりで必要な5つのコツとは?【中盤】

④余裕がない

プライドが高かったり、自分の失敗談を話さない人は、常に余裕がない行動になりがちです。

あなたは女性に対して、

・女性を前にすると身構える

・自分の失敗談を絶対話さない

・モテるために過去の武勇伝を話す

これらのようなモテない行動をとっていませんか?

 

これらの余裕がない男性の行動を女性はすぐに察します。

 

そしてあなたをモテない男性だと確信します。

 

そうならないためにもまずは、

 

自分の失敗談を面白おかしく話してみてはいかがでしょうか?

 

例えば私自身の失敗談ですと、

・高校の教員の時にスーツの股間のところが擦れて穴が開てしまい、自分で気づかずに女子高生に笑われた

・中学生になるまで「蚊にさされた」を「蟹(かに)に刺された」だと思っていた

・小学生のときに姉から借りたトイレ用消臭スプレーをお尻の穴にかけてしまった

・カッコつけて「火のない所に煙は立たないでしょ?」といいたいところを間違えて、「煙のないところに火は立たないって言うでしょ?キリッ」と言ってしまった

これ以上は恥ずかしくて言えませんが…(笑)

私も気になる女性と話すときは、会話の流れに合わせて自分の失敗談をひとつは話すようにしています。

自分の失敗談を話せるということは、

 

そんな自分を受け入れて今を生きているわけです。

 

なんだか素敵だと思いませんか?

逆にモテない男性は余裕がないので自分をカッコつけたり、執拗にアタックしたりなど、

 

常に女性を追いかけてしまう行動に出ます。

 

女性を追わない余裕なマインドを心がけましょう↓

モテる男は女性を追わない!その理由と実際に追わないで済む2つの方法とは?

⑤むっつりスケベ(下ネタは好きだけど話すのが苦手)

女性と下ネタで普通に会話ができるようになると、

 

さらに女性との距離感がぐっと縮まります。

 

しかし、その下ネタの使い方や行動を間違えると女性から、

 

一発で嫌われてしまいます。

 

下ネタを話しているときのあなた自身の行動は大丈夫ですか?

顔がニヤけたり、声が裏返ってしまったりなど、

 

むっつりスケベな行動をとると、あなたのイメージは最悪になってしまいます。

 

ここでのポイントは、

 

普段から、さりげなく冗談で下ネタを言えるようなクールな男性になることを心がけましょう。

 

自然に、そして堂々と下ネタを言えれば、女性からは嫌な印象は持たれません。

また、そもそも下ネタを言うのが苦手な男性に私が伝えたいのは、

 

下ネタが言えるかどうかによって、今後付き合えるスピードが断然早くなる

 

ということです。

二人の男性のある行動の例で考えてみましょう。

以下のどちらの方がC子とキスできると思いますか?

行動A

毎日、「C子とキスしたい!」と冗談のように言っているA男が、二人きりになったときも「キスしたい」と言ってきた。

行動B

全く下ネタを言わないB男が、C子と二人きりになったときに突然、「キスしたい」と言ってきた。

あなたはこの二つの状況を見たときに、どちらの方がC子とキスできると思います?

 

どう考えても、Aの方です。

 

これは女性の警戒心の違いにあります。

 

Aの場合、普段から下ネタなどを言っている姿に対して、C子はA男がどんな人物なのかがわかっています

ですから、二人きりになったときにもA男が

A男「キスしたい」

と言ってきたとしても、C子はキスがしたいというA男の人物像を理解していますから、

C子(誰も見てないし、少しぐらいいいか…)

となるわけです。

 

しかし、Bの場合、もともと下ネタを言わないB男が二人きりになったときに

B男「キスがしたい」

と言い出すと、今までのC子にとってのB男の真面目な人物像が崩れ出し

女(もしかしてこの人ヤリたいだけなんじゃ…)

と、突然警戒し出すということです。

 

つまり、

 

普段からさりげなく冗談で下ネタを言える人物になってしまった方が、女性の警戒心をむしろ下げることができる

 

ということです。

下ネタを話すことも、モテる男性の巧みな行動のひとつなのですね。

⑥エスコートができない

モテない男性が女性とデートに行ったときにありがちな行動がこちら。

・デートで移動中、女性を置いてけぼりにしてしまったことがある(先に行ってしまった…)

・デートでの食事代、屋台のスイーツや観光地の入場料などのちょっとした交際費、ガソリン代までもを随時その場で割り勘にしてしまったことがある

1円単位で割り勘をしてしまったことがある(ケチとかそういうつもりでやったわけではない)

これらの行動のうち、どれかひとつでも当てはまってしまった男性は、モテない可能性大です。

最初に言ったように、

 

女性は過程を重視する生き物です。

 

このようなデートの過程でひとつでも幻滅するような行動をとってしまえば、モテることはありません。

 

しかしこれも、

 

あなたが女性をエスコートする機会が単に今までなかった

 

だけですから、このタイミングでそれを知ればいいだけです。

ではここで、女性経験が少ない男性のためのエスコート法をいくつか簡単にご紹介します。

・待ち合わせは男性が先に待つ

あなたの方からデートに誘ったのであれば、遅刻などもってのほかです。

スマホなどをいじるような行動もなるべく避けながら待ち、相手女性を見つけましょう。

見つけたら、にこやかに女性に声をかけながらも女性の姿を見て、ファッションなどについて

「ワンピース似合いますね!」

と会話のエスコートもお忘れなく。

2つの褒めマナー!モテる男性が女性を落とすときに気を付けていることは?

・食事デートでは、女性を奥に座らせるのが基本

料理などが来た場合、あなたがその料理を受け取って女性の目の前においてあげる行動が基本です。

また、夜景がきれいなレストランでしたら、どちらの席のが眺めがいいかなど、状況によって対応しましょう。

・お会計は男性が多め、かつ女性には小銭を極力出させない

食事代が仮に2,650円だとしたら、女性から1,000円もらい、

「残りはこっちで払いますね(^^)」

という感じです。

また、一回目のデートから、

 

男性側が全額払うような行動は、女性に変な警戒心を持たれる可能性もあります。

 

そんなときは、

「ここは僕が払うので、次出してもらってもいいですか?(^^)」

の一言を忘れずに。

・ドライブデートは助手席のドアをあけてあげる

(少しやりすぎな行動では?)

と感じる方もいるかもしれませんが、もう一度言います。

 

女性は過程を重視する生き物です。

 

単に車に乗るだけの過程の中に、このようなロマンチックな行動があると女性は大いに喜びます。

 

これは、どの年齢層の女性でも効果絶大です。

 

女性と一緒に車に乗るときなど、あなたが先に助手席のドアを開け、女性を中へ誘導し、そして閉めてあげる…

ここまで行動しましょう。

⑦オタクな行動

一般に趣味といえば、スポーツなどのアクティブ系か読書や音楽鑑賞、LIVEなどの文化系に分けられます。

しかしそんな趣味でさえも、女性にとってはモテる男性なのかの判断材料として見ています。

 

ですので、女性に理解されにくいオタク的な趣味を持っている方は、

 

その時点で不利と言わざるを得ません。

 

ひとつの趣味としてオタクな一面がある

 

のであれば、これは全く問題はありません。

しかし、オタクと呼ばれる人たちは、

・部屋の中に入ると趣味のアイテムで溢れかえっている

・何かといえば趣味の話をする

・趣味にかけるお金が桁違い

・女性よりも趣味を優先

これらの行動のほとんどが当てはまってしまいます。

趣味と恋愛を両立させるためには、

 

適度な加減が必要だということです。

 

また、これらの行動以外に、そもそもオタクがモテない理由が存在します。

それは、

 

オタクになることで、女性とのかかわりにあらゆる支障をきたしてしまっているからです

 

その女性とのかかわりにおける支障とは、

・会話が一方通行(自分の事、趣味の事ばかり話す等)

・素直すぎる

・優しすぎる

・出会いがない

です。

しかし一方で、一般的に女性が好む男性の特徴を見てみると、

・会話が上手

・素直

・優しい

・一途であってほしい

気づきましたか?

どの要素もあと一歩なんですね。

 

オタクの中でも自分の行動や発言をきちんと修正できれば、

 

オタクはモテるんです。

 

モテないオタクのための記事はこちら↓

オタクは本当にモテない?オタクに婚活が難しい理由とは?

最後に

これらの行動の中で一つでも当てはまってしまったあなたはまず、

 

自分がモテないという認識をしっかりともちましょう。

 

だからといって卑屈になる必要はありません。

今この時間の間にも、女性とデートを楽しんでいるモテる男性も、

 

最初はモテなかったからです。

 

モテる男性はみな、自分自身をしっかりと見つめ直してたんですね。

自分のどこがモテない行動なのか、そしてどうすればいち早くモテるようになるのか?

自分で考えても、どうしたらモテるようになるのかわからない!

結婚はしたいけど、とにかく女性と上手くいかない!

少しでもこのように感じるのであれば、こちらの無料相談へどうぞ!

 

「とにかく最短最速で理想の彼女と付き合える方法を知りたい!」

CTA-IMAGE このほかにも、「時間ばかりが過ぎていく現状から脱出したい」、「結婚相談所に行ってもうまくいかない」、などのお悩みをお持ちの方はこちらへどうぞ。