無料コンサル始めました

マッチングアプリ必勝法(結婚目的)デートに誘うのはまだ早い!二通目以降のメッセージのやりとりで必要な5つのコツとは?【手順3】

マッチングアプリ必勝法(結婚目的)デートに誘うのはまだ早い!二通目以降のメッセージのやりとりで必要な5つのコツとは?【手順3】

最初に送るメッセージの内容を必死に考え、やっとのことで女性からの返信がきた方もいるでしょう。

女性「はじめまして。こちらこそいいねありがとうございます☆わたしは…」

向こうから返信がきたあなたは、

 

ついに第一関門突破です。

 

おめでとうございます!

ですが…

 

デートのお誘いをするのはまだ早いですからね?

 

あるタイミングがくるまでは、相手女性とのメッセージを慎重に続けていかなければなりません。

途中で失敗すれば、

 

女性は一瞬で返信しなくなります。

 

ですから、デートに誘えるタイミングがくるまでは、なんとしてでも確実に繋いでいきましょう。

今回は、マッチングアプリにおける「デートに誘うまでの2通目以降のメッセージのやりとりのコツ」をお伝えしていきます。

マッチングアプリの2通目以降はこうやる!女性とメッセージを続ける5つのコツとは?

デートに誘えるチャンスがくるまで、メッセージを続けるコツはこの5つです。

①相手のペースに合わせる!が…

②自分のことを長々とは語らない

③質問は必ず1通に1個

④やりとりは女性の好きな話題が基本

⑤感情表現・感謝・気遣い

①【相手のペースに合わせる!が…】

まずは、相手のメッセージの

 

「文量」と「返信」のペースをきちんと合わせてあげましょう。

 

・100字程度で返信がくれば⇒100字程度で返す

・1時間後に返信がくれば⇒1時間後に返す

のように相手のテンションに合わせることが大切です。

 

しかし、仕事の忙しい社会人であれば、返信できる時間に限りがある方もいます。

(1時間後に返信がきたから1時間後に送りたいけど、このあとすぐ仕事なんだよな…)

このような方は即返信でかまいません。

この場合は、メッセージのやりとりを続けることが最優先ですから、優先順位をきちんと考えましょう。

 

なお、相手からの返信が1日、2日待ってもこないからといって、

「何かありましたか?」

「僕何か変なこと言いましたか?」

のような返信は、

 

絶対にしないでください

 

マッチングアプリにおいて、知っておくべき重要なことがあります。

「相手から返信がこない」 = 「あなたに気がない」

ということです。

相手から返信がこなくなった時点で、

 

あなたの今までのメッセージのどこかに原因が必ずあります。

 

ちなみに、私のクライアント生である40代の方も、このメッセージのやりとりに問題がある方がいました。

今まで送っていたメッセージの内容に原因があったのにもかかわらず、それを振り返ることが全くなかったのです。

結果、その男性は私がメッセージの改善を行うまで一切、女性をデートに誘うことはできませんでした。

 

ですから、相手から返信がこなくなった場合はどうすることもできません。

 

潔くあきらめましょう。

 

ですが、相手が実は忙しく、後日返信がくることもあります。

私の経験上、一番遅くて1か月後に送ってきた女性もいました(笑)

どうかと思いますけど、そういったときでも寛大な心で受け止めてくださいね!

 

また相手のメッセージのペースに合わせる際に注意してほしいのは、

 

合わせすぎないことです。

 

なぜなら、

 

相手もあなたに合わせようとしてしまっている場合があるからです。

 

だからといって、女性にそんなことを確認するわけにはいきません。

相手もこれを考えている場合、

 

段々とお互いの返信の間隔が遅くなっていってしまうのです。

 

そこでおすすめなのが、

 

毎回、相手のペースよりも若干早めに返信することです。

 

30分後に返信がくる ⇒ 20分後に返す

1時間後に返信がくる ⇒ 40分後に返す

のようにしていけば、お互いに返信が遅くなることを防ぐことができます。

相手に合わせすぎないことも大切ということですね。

②【自分のことを長々とは語らない】

マッチングアプリでの主役は「あなた」ではなく「女性」です。

 

ですので、自分のことを長々と話すのはやめましょう。

だからといって、全く話さないのも相手に不信感を抱かれてしまうので、短めにサクッと自分のことを伝えましょう。

 

ちなみに余談ですが…

「30~40代男性のための妥協せずに結婚相手を見つける婚活コンサル」をしているクライアント生のひとりに、話すのが苦手な30代の男性の方がいらしたことがあります。

その方は、人前ではほとんど話さないタイプの方だったのですが、LINEやマッチングアプリのメッセージになると、

 

ものすごい勢いで自分のことを話し出すのです。

 

スマホ画面からはみ出るほどのメッセージを毎回送ってしまっていたんです。

普段、人前で話すことが苦手だからなのでしょうか?

メッセージになると、

・自慢話

・「私が若い頃は…」

・マニアックな趣味の話をひたすら語る

このように自分のことばかりを話したくなってしまうのですね。

100歩譲って、人前でもメッセージ同様よく話す方であればいいと思います。(100歩譲ってですよ?)

 

しかし、一番女性から嫌われてしまうのは、

 

人前では口下手だけど、メールではよく話す

 

タイプです。

 

これは、女性から最も嫌われる気持ち悪いタイプのようです。

 

モニタリングのため、様々な恋愛好きの女性とお話しをする機会がありますが、この

「メールになるとすごい男」

に対しての批判をよく聞くことがあります。

 

だからといって、

「あなたのメッセージしつこいんだけど…」

とわざわざ言う女性はいませんから、そのことに気づかない男性が大勢いらっしゃいます。

とにかく、

「私のとりえはメッセージだ!!」

と考えている男性は要注意ということです。

いきすぎなメッセージは控えましょう。

③【質問は必ず1つのメッセージにつき1個まで】

まず、相手女性は、

 

他の男性とも同時並行でメッセージのやりとりをしている

 

ものだと思ってください。

毎日のようにいいね!をもらっている女性は、相手男性には困っていないからです。

つまり、女性は様々な男性のメッセージをあるタイミングで一斉に確認し、

 

送りやすいものから返信しています。

 

ですので、必ず質問をしてください!

これはマッチングアプリならではの特徴です。

直接の会話で、こんな毎回質問をされては嫌がりますからね。

またメールがしばらく続いてきたら、

 

質問形式ではないけど、相手から必ず返事がくるようなメッセージ

 

を送りましょう。

例えば、

「留学してたなんてすごいですね。どこ行ってたんですか?」

とするのではなく、

「留学してたなんてすごいですね。きっと英語ペラペラなんでしょうね!羨ましいです。

 

このように、つい相手が話したくなってしまうような伝え方をすれば、

 

質問をしなくても、必ず返事を返してくれます。

 

このような質問形式でないメッセージも定期的に送りましょう。

④【やりとりは女性の好きな話題が基本】

メッセージのやりとりのベースは、必ず相手の趣味に合わせましょう。

相手との趣味が合わず、よくわからないものばかりの場合は、ネットなどで調べて話を合わせてください。

「面倒くさい…」とか言わないでくださいね。

もう一度言っておきます…

 

マッチングアプリでの主役は「あなた」ではなく「女性」です。

 

あなたが面倒くさがれば、他の男性にその女性と付き合うチャンスを与えているだけ

 

であることを肝に銘じてくださいね。

将来の結婚のためです。相手を知る努力をしましょう。

⑤【感情表現・感謝・気遣い】

(メッセージのやりとりはそれなりにしたのに、結局デートに誘ったら断られた…)

という経験ありませんか?

そんな方にありがちなメッセージの特徴は、

 

自分の性格や感情的な部分を出せていない

 

ことです。ですから、

「とてもうれしいです!」

「最近〇〇に行って楽しみました♪」

「仕事って辛いときもありますよね…」

などといった人としての喜怒哀楽を見せることができるかがポイントです。

 

また、

「ありがとうございます」

「明日は夜勤なんですね、体調に気をつけてください」

のように感謝や気遣いもしていきましょう。

最後に

ではもう一度、デートに誘えるチャンスがくるまでのメッセージを続けるコツを再確認します。

①相手のペースに合わせる!が…

②自分のことを長々とは語らない

③質問は必ず1通に1個

④やりとりは女性の好きな話題が基本

⑤感情表現・感謝・気遣い

これでメッセージのやりとりを続けることができたあなたには、

 

いよいよデートに誘うことができる「あるタイミング」がきます。

 

そのタイミングがくるまでは、この方法で確実に女性とのメッセージを続けましょう。

 

次は、待ちに待ったマッチングアプリの終盤、【手順4】です。

マッチングアプリで実際にデートに誘える方法はこちら↓

マッチングアプリ必勝法(結婚目的)メッセージからわかるデートに誘っていい「タイミング」と実際に誘うための「コツ」とは?【手順4】

たった3か月で結婚を前提とした彼女を見つけませんか?

CTA-IMAGE

・結婚相談所に行ってもお金のムダだった
・気づけば「彼女いない歴」=「年齢」
・そもそも出会いがない
・失敗続きで恋愛コンプレックスになってしまった

昨日と同じことをしていても、何も変わりません。何も変わらないということは彼女だってできるはずがありません。

今あなたが行動を起こそうというのであれば、私はその手助けをすることができます。まずはその勇気ある一歩を踏み出してください。