無料コンサル始めました

好意段階を知らないから失敗する?女性にデートの誘いを断られる本当の理由とその解決策とは

好意段階を知らないから失敗する?女性にデートの誘いを断られる本当の理由とその解決策とは

女性「最近ちょっと忙しくて…」

と女性にデートで断られる経験は誰しも一度はあるはずです。

その度に、

(おれはモテないから仕方ないか…)

と日々自分のモテなさを悲しみます。

そんなデートに断られるあなたに聞きます。

「女性の心理にひそむ好意段階」というものを考えたことはありますか?

あなたに対する好意段階をしっかりと把握できていなければ、どんなに素敵なデートに誘っても断られてしまいます。

 

また、このデートで断られてしまっているそもそもの理由は3つあります。

①誘われたデートの内容に価値を感じなかったから

②誘われたデートの内容に下心が見えたから

③あなたに対する好意段階がそもそも「興味なし・警戒心」の状態だったから

そしてそれぞれに対応した解決策はこちら。

①女性にとって行く価値のあるデートにするための4の情報収集策

②下心の見えないデートへの誘い方の3のコツ

共通の敵を作ることで「興味なし・警戒心」から「好意」段階へ

デートに断られる理由をきちんと理解し、そしてそれらに応じた解決策をしっかりととれば、

 

デートに断られる可能性は確実に低くなります。

 

ここで勘違いしないでいただきたいのは、これによって100%デートの誘いに成功するわけではありません。

どれだけモテる男性でも、タイミングの悪さや何かの手違いで断られてしまうことだってあるのです。

 

ですが、そんなときにも再度デートに誘えるチャンスを作り出す秘策も用意してありますのでご安心を。

 

女性の好意段階とは?

そして、女性にデートを断られる本当の理由とその解決策とは?

 

今回は女性の好意段階を踏まえつつ、デートに断られる理由とその解決策についてご紹介します。

これを知らないからデートの誘いに断られる!女性の好意段階とは?

女性には、男性と違って好意段階(好感レベル)というものがあり、全部で5段階方式けられています。

恋愛サイトでありがちな「デートの誘い方」をそのまま使って断られてしまった経験はありませんか?

そこで断られた原因は、

 

この女性の好意段階にあります。

 

その内容がこちら。

レベル0 「憎しみ」

「あのひと、本当にしつこい!」と言われる心理状態。この状態になったら時間を置く以外に方法はありません

レベル1 「興味なし・警戒心

」※断られた理由はここ!

返信が返ってこない、LINEで未読無視される、また話をしていてもあたりさわりのない返答や目をそらされるといった、すでに男として見てくれていない心理状態にあたります。

また、「好き」の段階でない女性に下心の見える行動をすると、女性に警戒心をもたれ、この段階まで一気に下がります。

ですが、ここならまだ逆転の可能性は残っています。

レベル2 「普通」

メールの返信など、会話は普通にあります。

また、どういう男なのかの判断を下される前の心理状態でもあり、女性にもよりますが、比較的この状態でずっといることはありません。

この状態は、例えば女性と初めて会話をするという状況であれば、スタートして1時間も経つと「普通」から「好意」に上がるか、「興味なし」に下がるかのどっちかです。

レベル3 「好意」

友達として仲が良いという感じです。二人だけで遊ぶこともありますし、親密な深い話をすることもできます。

個人的なLINEのメールでも向こうから「今日、大変だった~」のような、たわいもない会話ができる心理状態です。

ですが、ここで告白をすると「少し考えさせて…」や「友達としか見ていなかった、ごめんなさい…」と言われ、「好意」段階から一気に「興味なし」段階に急落する可能性があります。

レベル4 「好き」

完全にあなたに夢中な心理状態です。この状態であれば告白をしても間違いなくOKをしてくれる状態です。

また、この状態を判断する方法のひとつとして、デートのお誘いをした時に「普通に断る」 or 「別日を指定してくる」かで判断できます。

別日を指定してきたときには、あなたを好きでいるということです。

これらの段階を理解して初めて、

 

デートに断られた理由がわかります。

 

この好意段階についての詳細はこちら↓

モテる男性が心得ているのは「落とす方法」ではない、「落としどころ」である!

あなたが断られた理由はどれ?女性からデートを断られる本当の理由はこの3つのうちのどれか

今後デートに断られないためにも、まずは断られてしまうそもそもの理由を確認しましょう。

あなたがどんな誘い方をしても、女性がデートを断る際の理由はこの3つのうちのどれかに分けられます。

①誘われたデートの内容に価値を感じなかったから

②誘われたデートの内容に下心が見えたから

③あなたに対する好意段階がそもそも「興味なし・警戒心」の状態だったから

①【誘われたデートの内容に価値を感じなかったから】

これは、「普通」の心理状態にある女性が断る理由です。(※まれに「好意」の場合も)

女性の趣味に合ったデートや女性の好みに合った食事のデートなど、とにかく

 

女性にとって行く価値のあるデートでなければ、女性は断るしかありません。

 

なぜなら、あなたを「好き」でもないのに、あなたの趣味や好きなものに合わせる必要はないのですから。

②【誘われたデートの内容に下心が見えたから】

これもさきほどと同様「普通」の心理状態にある女性が断る理由です。(※まれに「好意」の場合も)

「一緒に食事いきませんか?」

「どこか遊びにいきませんか?」

このような理由のないデートの誘い方をすると、

(遊び目的なのかな?)

と女性は男性の下心を感じ、

 

警戒心を抱いてしまうのでデートに断られてしまいます。

③【あなたに対する好意段階がそもそも「興味なし・警戒心」の状態だったから】

さきほどの①と②をどんなに完璧にクリアしたデートの内容だったとしても、

 

誘う前からあなたの好意段階が「興味なし・警戒心」の場合、確実に断られてしまいます。

 

つまり、恋愛サイトで調べたノウハウで失敗した人のほとんどは、これが原因です。

 

誘う前の段階からあなたの評価に問題がある

 

ということです。

女性と初めて出会ってからの様々な接触の機会を思い出しましょう。

 

あなたの行動や会話、そして外見によってすでにあなたはこの「興味なし・警戒心」の心理状態になってしまっているということです。

 

これでデートの誘いに失敗しない!デートに断られたそれぞれの理由に対する解決策とは?

女性から断られた理由が3つあるのはわかった。

しかし、それぞれに対する解決方法がわかりませんよね?

では実際に、デートに断られるそれぞれの理由に対応した解決策がこちらです。

①女性にとって行く価値のあるデートにするための4の情報収集策

②下心の見えないデートへの誘い方の3のコツ

共通の敵を作ることで「興味なし・警戒心」から「好意」段階へ

①【女性にとって行く価値のあるデートにするための4の情報収集策】

まずは、女性が思わず断れない価値のあるデートプランを考える必要があります。

そのために必要な情報はたったひとつ、

 

その女性が今行きたい(食べたい)場所はどこなのか?

 

ということです。

一般的な女性の意見も参考にしながら、付き合う前におすすめなデートスポットと行ってはいけないデートスポットをご紹介します。

【付き合う前の初デートにおすすめなデートスポット5選】

・食事

・映画館

・夜景

・ショッピング

・遊園地

・水族館

仮に女性の今行きたい場所がこの中のどれかであれば、

 

その時点で誘う内容は確定です。

 

しかし、

気になる女性が今行きたい場所というのはなかなかわかりませんよね?

そこで、女性が今行きたい場所はどこなのかを調べるための4つの情報収集策があります。

相手女性との会話の中で話していたこと

・女性が身につけているもの

・女性のスマホの写真

・インスタやFacebookなどの相手の情報を見ることができる媒体

これらの収集策を利用して、相手が今一番行きたい場所を察知しましょう。

相手の会話から聞き出したり、その会話の流れで女性のスマホ写真を見せてもらったりなど、あらゆる方法で情報を探ってください。

モテない男性はここをおろそかにしてしまうため、

 

ほとんどの確率でデートに断られてしまうのです。

 

相手の身に付けているのものにも意外なヒントがあったりします。

気になる女性の行動をよく観察してみましょう。

仮に、相手女性が今焼き肉に行きたいことがわかったとします。

しかしいくら女性が行きたがっているとはいえ、

 

付き合う前の一回目のデートとしてはおすすめできません。

 

その理由は、初デートとして断られやすいからです。

ほかにも、付き合う前の初デートのお誘いで断られやすい場所をご紹介します。

・居酒屋

・カラオケ

・車でドライブ

・焼き肉

・動物園

まず居酒屋・カラオケ・ドライブについて、

 

これらは初デートの内容にしてしまうと下心があるのかなと、警戒心を持たれる可能性が高い場所です。

 

また、焼き肉・動物園については、

・初めて行く場所にしては気合が入り過ぎ

・焼き肉は付き合ってから行く場所

・一回目から行く場所ではない

などの女性の意見がありました。

これらの場所は、一回目のデートでは避けましょう。

全く情報がつかめないという方は最終手段として、

 

女性のタイプ別で判断してください。

 

女性のタイプは主に3つに分かれます。

・上品系コンサバ女子

・アクティブ系社交的女子

・物静かな人見知り女子

この3つです。

それぞれのタイプに対して提供するべきものは、

・アクティブ系社交的女子

⇒「体験型」の食事 or ショッピング or 遊園地 or 水族館

 

・上品系コンサバ女子

⇒「ワンランク上」の食事 or 映画館 or 夜景

 

・物静かな人見知り女子

⇒「話が途絶えても安心できる」食事 or 映画館 or 夜景 or 水族館

この中から最も誘えそうなデートを選びましょう。

しかし、これはあくまでも最終手段ですので、これらは、

 

デートを断られる可能性は当然あります。

 

まずは女性の情報をしっかりと探ることが大切ということです。

②【下心の見えないデートへの誘い方のコツ】

下心が見えないように誘うコツ…それは、

 

理由をつける

 

それだけです。

添える理由は3種類あります。

・「任務」的理由

・「共通点」的理由

・「タイミング」的理由

「任務」的理由とは、会社の同僚や同じサークル活動をしてるメンバーなど、二人を取り巻く集団があるときに有効です。

例えば、サークルでBBQを開催するのであれば、

(明日やるBBQの買い出しがあるんですけど、よければ手伝ってもらえません?)

という感じです。

実際に行ったら、買い出しだけでなく、

(買い出し助かりましたよ~!お礼にご飯ご馳走させてください)

と誘ってしまえば、下心のないデートに持ち込めます。

 

次に「共通点」的理由とは、女性との会話の中で、自分との共通点を見つけ出し、

女性「〇〇って映画見たいんですよね~」

男性「それ僕も見たかったんですよ~!よければ今度一緒に行きません?」

のように誘います。

ただ、個人的な感想ではこれだと失敗することも十分あり得る誘い方なので、

 

断られたとき用に必ず「かえし」を準備しておきましょう。

 

「かえし」とは、デートに断られたときに女性を気まずくさせない返答テクニックのことです。

詳しくはこちら↓

デートの誘いに断られたらそこで試合終了?今後デートできる可能性のためにも、その場の気まずさを「かえし」で切り抜けろ!

最後の「タイミング」的理由とは、あたかも運命を引きおこした理由のことです。

例えば、

「友人から舞台のチケットもらったんですけど、期限が今週までなんですよね。使わないのもあれですし…よければ一緒にどうですか?」

のように、たまたま起こった出来事を装って運命のようなお誘いをする方法です。

この方法を利用する場合は、

 

相手女性が一番行きたい場所と組み合わせて使えると、ほぼ確実にOKしてくれます。

 

仮に相手女性がイタリアンが大好きな女性であれば、

「この間オープンした〇〇っていうイタリアンの覆面調査のアルバイト頼まれてて、一緒に行ってくれる人探してるんですけど、よければどうですか?♪もちろん無料ですよ。」

のように誘えば、女性は断る理由がなくなります。

ちなみに本当に覆面調査のアルバイトをやる必要はないですからね(笑)

そういう設定にしてしまえばいいわけです。

③【共通のを作ることで「興味なし・警戒心」から「好意」段階へ】

ここでは、確実にデートに断られてしまう「興味なし・警戒心」の心理状態の女性の好意段階を上げる方法をご紹介します。

その方法は、

 

共通の敵を作ることです。

 

ちなみにこれが可能なのは、

 

女性と接触できる機会があることが前提となります。

 

会社の同僚で同じ仕事をすることがあったり、社会人サークルで定期的にその女性と一緒に活動をすることがあるなどです。

また、会社の同僚や同じサークルで一緒に活動している人たちというのは、この共通の敵を作りやすい環境にあります。

会社なら、

営業で失礼な態度をいつもとってくる業者への愚痴

であったり、社会人サークルであれば、

相手女性がしつこくつきまとわれている男性に対する相談

などです。

このような共通の敵に対する話は、

 

たとえあなたがどんなに嫌われていても、相手女性と共感できてしまう裏ワザなのです。

 

最後に

相手女性の情報をしっかりと収集できれば、

 

デートで断られる可能性はぐんと低くなります。

 

ちなみに、

何かの手違いでデートに断られてしまった…

という方は、再度デートに誘うチャンスを残すためにも、

 

しっかりとした「かえし」で気まずさを切り抜けましょう。

 

デートの誘いに断られたらそこで試合終了?今後デートできる可能性のためにも、その場の気まずさを「かえし」で切り抜けろ!

たった3か月で結婚を前提とした彼女を見つけませんか?

CTA-IMAGE

・結婚相談所に行ってもお金のムダだった
・気づけば「彼女いない歴」=「年齢」
・そもそも出会いがない
・失敗続きで恋愛コンプレックスになってしまった

昨日と同じことをしていても、何も変わりません。何も変わらないということは彼女だってできるはずがありません。

今あなたが行動を起こそうというのであれば、私はその手助けをすることができます。まずはその勇気ある一歩を踏み出してください。